最後までセックスできないと彼女のストレスになっちゃう!

性的快感を求めるのは男性だけではなく、女性もそうである点を忘れてはいけません。
ある意味では、女性の方が性的快感であるオーガズムを激しく求めるといっても過言ではありません。
一般的に、人間の性行為においては、男性が能動的な動きをするといわれています。
女性は、受動的といえますが、快感を求めるという点では、男性と同じであるといえます。
性行為においては、一般的に、男性の射精を持ってその行為が終焉に至るというケースが多いとされています。
しかしながら、女性が快感を十分に得ていないまま、性行為が終わってしまうという状況が多く、女性がストレスを抱える状況になってしまっています。
女性のストレスを回避するためにも男性の協力が不可欠であるといえます。
あまりに男性が女性のオーガズムを無視してしまいますと、女性がその男性との性行為を拒絶してしまうという結果に結びついてしまうといえます。
そのため、男性においては、性行為の際には、自分が最後まで行く前に必ず、相手にオーガズムに達したかの確認をすることを忘れてはいけません。
つまり、射精のタイミングを遅らせるという必要性があります。
二人が互いに相手を思いやり、心身ともに快楽を得ることが重要であるといえます。