性行為における海外との見解の相違

性行為は日本と海外との見解の相違が見受けられます。
海外の場合は、パートナーとのコミュニケーションの一つで、年を取っても行う行為と捉えています。
一方、日本では性行為は基本的には子供を作るための行為として、ある程度の年を取ると行うことがなくなります。

この見解の相違は、これまで築き上げた文化の差があります。
日本では古来より精神的な豊かさを求める傾向が強くあり、文化もその傾向が強く反映されています。
しかし、海外の文化では物質的な豊かさを求めていることが影響しています。

近年では海外の文化が流入していることもあり、日本でも性行為に対する意識は変化しています。
コミュニケーションの手段と捉え、求めることは当然だという流れがあり、テレビ番組やセミナーなどでもこの問題を取り上げられることが増えています。

このような見解の相違についてはインターネットにも掲載されています。
性行為に関する海外との見解の相違ついて関心を持つ方も多く、色んなサイトで議論が交わされているので、閲覧してみると様々な国の考えを知ることができます。
特にキリスト教やイスラム教などの宗教でも違い、日本を含めるアジアでも見解に相違があるので参考にできます。