カマグラゴールドと青色2号の関係について

カマグラゴールドはバイアグラと同じ有効成分でありシルデナフィルを含んでいるED治療薬の一種です。日本では無販売されておらず、購入するためには個人輸入の仕組みを活用して取り寄せる必要があります。カマグラゴールドはパッケージを開けると青っぽい色をした錠剤が入っています。この色は日本でもおなじみのバイアグラと同じ種類の色です。薬品由来の色であると考えている人も少なくありませんが、実際には着色料の青色2号の色が出ているに過ぎません。現実的には添加する着色料次第で何色にもすることが出来たものであるということが出来ます。
カマグラゴールドでもバイアグラのイメージを引き継ぐ意味もあり、青緑色の錠剤になっています。この薬品を注意して服用することでバイアグラと同じく勃起障害に苦しんでいる多くの男性を助けることにつながります。カマグラゴールドのメリットは何と言ってもその値段の安さであると言えます。国内で購入するバイアグラは医師の処方が必要ということもあり、かなり高額での販売しかしていません。そのため安価な海外のジェネリック薬品を希望する人が出てくるというのは自然な流れです。国内では認可された医薬品は通常の流通以外では購入することが出来ませんが、認可されていない場合には医薬品として承認されていないため、個人輸入で取り寄せること自体は法に反する事にはなりません。
ED治療薬であるバイアグラやカマグラゴールドは青い錠剤のイメージが付いています。それは薬品を製造する過程で人工的に付けた色なのです。そのためこの色自体にはそれほど大きな意味はありません。あくまでもバイアグラと青色をイメージして、少しでも近い色にすることを目的にして作ったものであると言えます。