カマグラゴールドでEDが治らないケースとは

カマグラゴールドはバイアグラと同成分のED治療薬です。
ジェネリックなので非常に安く、バイアグラの2割程度の価格で購入できます。
同成分なので効果・副作用に変わりはなく、バイアグラを飲んで効果を実感できる方なら問題ありませんが、バイアグラが合わない方はカマグラゴールドとの相性も悪いと考えていいでしょう。

カマグラゴールドを服用すれば、興奮に反応してペニスが元気になります。
若いころは性的興奮を覚えれば、即座にペニスが勃起したでしょう。
満員電車の中で勃起して、困った経験をお持ちの男性も多いはずです。
しかし、年齢に比例するようにペニスの反応が悪くなり、以前ほどの硬度は得られなくなるものです。
この原因は老化もありますが、血行不良や血管収縮なども関係しています。

カマグラゴールドを服用してもEDが治らない場合は、ペニス自体に問題がある可能性があります。
泌尿器科やED治療専門のクリニックで診断を受けてみましょう。
ほとんどのEDはペニス以外に問題があり発症しますが、まれにペニス自体の障害から起こるケースもあります。

マスターベーションの頻度が多すぎる方も、カマグラゴールドの服用でEDが治らないことがあります。
どんなに性欲が溜まっていても、射精後はすっきり解消されるものです。
男性はマスターベーションをすることで性欲をコントロールしているわけです。
あまりに頻度が増えすぎると、性行為をしたいと思えるほど性欲が溜まらないのです。
マスターベーションがクセになっている方は、性欲がなくても行ってしまうものです。
朝立ちの状態で行って、射精させている方も少なくありません。
カマグラゴールドを服用される方は、マスターベーションの回数を減らすように心がけることも大切です。